iPhoneケースに使われる代表的な素材

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhoneケースを購入する際に素材がよくわからないという人も多いと思います。

ネットなどで購入してみたら思ってた商品を全然素材が違うという事もあるのではないでしょうか?

iPhoneケースを購入する際に失敗しないように多くのiPhoneケースに使われている素材をまとめてみました。

iPhoneケースに使われる代表的な素材

シリコン素材

シリコン素材とは、ゴム素材ととてもよく似ている素材です。
ゴム素材と異なる点は、シリコン素材は熱に強いという事です。
約200℃の高温に長時間おいても変形、劣化せず、熱にとっても強い素材です。

ラバー素材

ラバー素材とは、ゴム製品の事です。
シリコン素材よりも硬く乾いた質感なので、手汗や皮脂などでもべたつきません。

ポリカーボネート素材

ポリカーボネート素材とは熱可塑性プラスチックとも言います。
熱に強く、プラスチックの中でもとても硬い素材なので傷がつきにくい素材です。

TPU素材

TPU素材とは、熱可塑性ポリウレタンとも言います。
シリコン素材とポリカーボネート素材の中間がこの素材になります。
ポリカーボネートよりも柔らかさがあり、衝撃を吸収してくれるので耐性があります。
薄く傷がつきにくく、iPhoneケースに使用する素材としてとても優れている素材です。

合成皮革素材

合成皮革素材とは、人口的に革素材の様に見せている素材です。
革素材とは違い、布製などの素材の上に合成樹脂(ポリウレタンやビニールなど)をコーディングした素材です。
丈夫で水に強い素材です。

TPE(エラストマー)素材

TPE素材とは、熱可塑性エラストマーとも言います。
常温では、ゴムの性質で熱を加えるとプラスチックと同様に硬化する素材です。
熱によって変形する素材です。

PUレザー(ポリウレタン)素材

PUレザー(ポリウレタン)素材とは、人工的にレザー素材の様に見せている素材です。
レザー素材とは違い、布製などの素材の上に合成樹脂(ポリウレタンやビニールなど)をコーディングした素材です。
丈夫で水に強い素材です。

ABS素材

ABS素材とは、アクリロニトリル、ブタジエン、スチレンからなる熱可塑性樹脂です。
プラスチックの一種で熱に強い特性です。
ゴムの性質も多少含まれているので、衝撃にも強い素材です。

超々ジュラルミン素材

超々ジュラルミン素材とは、アルミニウム合金の一種でA7075とも言います。
アルミニウムと合金が混ざり合ってあるので、とても硬く強い強度を持っています。
長時間経つと強度が多少低下するという弱点もある素材です。

ジュラルミン素材

ジュラルミン素材とは、、アルミニウム、銅、マグネシウムの一種でA2017とも言います。
アルミニウム、銅、マグネシウム混ざり合ってあるので、とても硬く強い強度を持っています。

iPhoneケースについて

caseselect_01
casesozai_01

特集

twitter

Twitter-iPhoneケースラップス
ページ上部へ戻る